墓石ソムリエが教える値段や選び方|わかりやすいお墓事典

墓地

劣化する墓石を修理

案内

お墓は、基本的に耐久性の高い墓石を使っています。そのため、建立して数年間壊れることがないです。しかし、年月が経つことで、日光や風雨によってシミやひび割れ、地震などによる墓石のひずみや傾きなどがでてきます。そして劣化が少しずつ進行していき、目で見ても劣化していることがわかるようになります。そうなると、安全性にも問題が出てくるので早めに修理等を行なうことが大切になります。

お墓の修理をするときに多くあることとして石と石の間の修復です。目地に隙間ができる事でそこからカビやシミが発生することになります。そうなると劣化を早める原因になります。
昔、目地修正に使われていたセメント系の接着剤は、10年後くらいに風化することや硬化して剥がれてしまうので、補修作業が必要になってきます。
現代では、シリコン系のコーキング剤が主に使われており、耐久性が優れています。耐震性や耐衝撃に強いコーキング剤も販売されています。
墓石自体が大きくずれている場合には、組み直しが必要になります。組み直しは、原因や場所によって修理の方法が変わって来ます。例えば、セメント目地の風化によってずれる場合は、ズレた部分を外して結合する部分を綺麗にして耐震ボンドで接着をします。
こういったように原因や部分が異なることで修理の方法が異なります。修理をするときには、業者に値段を聞いておくことが大切になります。また、墓石が裂開してしまっているときには、墓石ごと買いかえることも大切です。そうなると値段を事前に調べておくことが大切になります。
値段は、各業者によっても異なるため、いろいろな業者のサイト等をみて、理想的な値段で行なうことができる業者を見つけることが大切です。